今、TikTokで注目を集めるナンバマンズ“Syamo-G(しゃもじ)”/出身地や経歴などのプロフィールを総まとめ。上京した理由やカズマとの出会いについても調査。

今回の記事では、TikTokで「フリマアプリ」「毒親」などのあるある動画が共感できると今TikTokで注目されているナンバマンズ“Syamo-G(しゃもじ)”の記事になります。

ナンバマンズ“Syamo-G(しゃもじ)”の出身地や経歴などのプロフィールや上京した理由、相方カズマとの出会いについて調査してきました。

どうぞご覧ください。

CONTENTS

ナンバマンズ“Syamo-G(しゃもじ)”/プロフィールまとめ

職業TikToker
本名未公開
活動名Syamo-G(しゃもじ)
誕生日1992年?1993年?
年齢29歳?30歳?
出身地徳島県
身長・体重未公開
血液型未公開
インスタSyamo-G
Twitter Syamo-G@ナンバマンズ‖ADaaD
YouTubeナンバマンズ
TikTokナンバマンズ

ナンバマンズ“カズマ”の記事はこちらから

Syamo-G(しゃもじ)/経歴

STEP
徳島県で経験を積む

学生時代からアルバイト。

高校卒業後は職業訓練校、ショップ店員などで働き経験を積む。

STEP
うつ病になる

会社でのストレスや人間関係などによりうつ病を発症する。

STEP
上京

うつ病だったが夢の為に徳島県から上京。

東京で夢を追いかけながら派遣職員として仕事に励む。

STEP
2021年カズマと知り合う

派遣の現場先でもめ事が起きたことをきっかけにカズマと知り合う。

カズマさんとSyamo-G(しゃもじ)は知り合い半ば半強制的にYouTubeとTikTokを始めた。

活動を始めたきっかけについて詳細はまだ情報がないため分かりませんでした。

STEP
2022年11月現在

2022年11月現在。

TikTokで「フリマアプリ」「カードショップ」「毒親」あるあるネタ動画がバズる。

TikTokのフォロワー約15.9万人、YouTubeチャンネル登録者数は3.17万人。

Syamo-G(しゃもじ)/人気の理由

TikTokナンバマンズSyamo-G(しゃもじ)の人気の理由をTikTokフォロワー30万人のKITEN編集部の偏見と知見でバズって人気が出た理由を分析していきたいと思います。

  • 人生で経験したことをあるあるネタとして共感を得ている
  • ダンディーでオシャレ
  • 見た目と中身のギャップ萌え(ゲーマー、ビートボックス)
  • 色んな事を経験してきた努力家
KITEN編集部

様々な職種で働き、人間関係やストレスでうつ病になりながらも夢に向かって挑戦する姿がカッコイイ!
ダンディーでオシャレな所もカッコイイですね。

Syamo-G(しゃもじ)はかなりのゲーマー?

Syamo-G(しゃもじ)さんはTwitterにはゲームについてのツイートが多く見られます。

Syamo-G(しゃもじ)さんが実際にやっているゲームを調べてみました。

  • ウマ娘 プリティーダービー
  • Fate/Grand Order
  • Shadowverse
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
  • どうぶつの森

上記のアプリをやっていると思われます。

Syamo-G(しゃもじ)/上京したきっかけについて

Syamo-G(しゃもじ)さんが上京した理由については確かな情報がありませんでした。
憶測ではありますがこういった理由で上京されたと考えました。

Syamo-G(しゃもじ)さんは音楽活動をする為に上京された可能性があります。

Syamo-G(しゃもじ)さんは徳島県在住時に結成した「As dead as a Dodo」というギターとビートボックスを使って音楽を表現する活動をSyamo-G(しゃもじ)モリノヒトの2人で活動しています。

ギターはモリノヒト、ビートボックスはSyamo-G(しゃもじ)が担当。

ギターとビートボックスのデュオ
アンビエント、シューゲイザーの要素を取り入れ
型にとらわれない唯一無二な世界を作り出す

2019年5月頃から東京を拠点に移し音楽活動をしているそうです。
東京に上京したのは2019年5月頃かもしれませんね。

KITEN編集部

ビートボックスとギターのデュオ、音楽の型にとらわれない世界観が感じられます。音楽の世界は奥が深いですね。

ナンバマンズ活動を始めた理由

東京で派遣のアルバイトをしていたカズマさんと、夢の為に東京にやってきて派遣社員として働き始めた「Syamo-G(しゃもじ)」さんは仕事の現場が一緒になったことで知り合います。

なんやかんやあってかずまと知り合い半ば半強制的にYouTubeとTikTokを始めたそうです。

一緒に活動し始めた理由については詳しくは話していませんでしたので、詳細が分かり次第更新します。

ナンバマンズ何人で活動している?

ナンバマンズは何人で活動しているのか調べてみました。

ナンバマンズは「Syamo-G(しゃもじ)」・「カズマ」・「半マネ」の3人で活動されているようです。

半マネさんについてはあまり登場することがなく素顔や情報も分かっていません。
ですが、カズマさんと同級生で地元も一緒みたいです。
今後、TikTokやYouTubeでの出演もあるかもしれませんね。

ナンバマンズの面白い動画をご紹介

Syamo-G(しゃもじ)さんとカズマさんが経験したことをあるあるネタとして動画を作成しています。

その中でも共感が持てそうな動画を探してきましたので是非ご覧ください。

編集後記

今回の記事では、今TikTokで「フリマアプリ」「毒親」などのあるある動画が共感できると注目されているナンバマンズ“Syamo-G(しゃもじ)”の出身地や経歴などのプロフィールや上京した理由、相方カズマとの出会いについて紹介しました。

地元の徳島では様々な職種の仕事を経験し会社に勤めるもストレスと人間関係でうつ病を発症しました。

Syamo-G(しゃもじ)モリノヒトの2人で「As dead as a Dodo」という音楽ユニットを結成し、型にとらわれない世界観のある音楽活動を始める。

東京で音楽活動をするという夢があったSyamo-G(しゃもじ)さんは上京、派遣会社で仕事をしながら音楽活動。

ある日、派遣現場でなんやかんやありカズマさんと知り合いました。
理由は分かりませんが知り合い半ば半強制的にYouTubeとTikTokを始めたことがナンバマンズ結成のきっかけでした。

現在2022年11月で「フリマアプリ」「毒親」「カードショップ」あるある動画が多くの視聴者の共感を呼び
TikTokのフォロワー約15.9万人、YouTubeチャンネル登録者数は3.17万人のインフルエンサーにまで成長しました。
今後の活躍に期待したいです。

夢に挑戦することは人生において良い事だと思います、挑戦することが怖くて年を取った時に挑戦しなかったことを後悔した人は沢山います。

人は色んな経験をして成長していき多くのことを経験すると色んな事が見え、情報や知識を得ることができます。
情報や知識は後に大きな財産になると思いますので、多くのことに挑戦してみてはどうでしょうか?

KITEN編集部

TikTokフォロワー40万人。インスタ5万人のアカウントを運用中。
インフルエンサーとしての知見を交えた記事で皆様の'気になる’をお届けします。

CONTENTS
閉じる