TikToker東京ウーバーズ“たつみ”は何者?/本名や年齢、出身地などのプロフィールを総まとめ。経歴やTikTokを始めた理由について徹底解説!

今回の記事では、TikTokで人生の末路系動画で誰もが人生で1度は通りそうなリアルな動画がで人気上昇中のTikToker東京ウーバー ズ“たつみ”の記事になります。

TikToker東京ウーバーズの“たつみ”の本名や年齢、出身地などのプロフィールやTikTokを始めた理由について徹底解説&考察していきたいと思います。

それでは、ご覧ください。

CONTENTS

東京ウーバーズ“たつみ”/プロフィールまとめ

職業TikToker、ポエマー、キャリアアドバイザー、作家、ウーバー配達員
本名未公開
活動名東京ウーバーズ、たつみ
誕生日1990年?1991年?(誕生日は不明)
年齢31歳?
出身地奈良県
身長・体重不明
血液型不明
インスタ東京ウーバーズ
Twitter東京ウーバーズ たつみ
TikTok東京ウーバーズ
YouTube東京ウーバーズ

東京ウーバーズ“つじ”の記事はこちらから

東京ウーバーズ“たつみ”プロフィールについて

東京ウーバーズ“たつみ”プロフィールについてですが、TikTokを始めて間もないこともあり情報が開示されていない所もありました。
情報が分かり次第、情報を更新致します。

東京ウーバーズ“たつみ”/経歴

STEP
幼少期

小さな頃から人から注目されることが好きな少年だった。

STEP
大学

2010年4月に奈良県から上京。

東京都港区にある慶応義塾大学に入学・卒業。

STEP
就職

慶応義塾大学卒業後は、東京都六本木にある企業でITエンジニアとして働く。

STEP
会社を退職

2021年春に自分の事業を立ち上げるために会社を辞める。

STEP
堕落した人生を過ごす

退職後、人脈や実績や斬新なアイディアがなかった為動くことができなくなっていた。

お金がなくなりUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員のバイトを始める。

STEP
人生を変えるきっかけ

どん底に落ちて、いろいろ考えた結果「辛い状況が個性なことに気付く

大学からの友達であるつじを誘いTikToKの活動を始める。

STEP
2022年11月現在

末路系Tiktoker”東京ウーバーズとして、誰もが一度は通りそうなことをネタ動画がリアルと人気に。

同じ状況の人に向けた動画がバズる。

東京ウーバーズ“たつみ”/人気の理由について

末路系TikToker東京ウーバーズ“たつみ”の人気の理由についてTikTokフォロワー30万人のKITEN編集部の偏見と知見でバズって人気が出た理由を分析していきたいと思います。

  • 人生で誰もが1度は通りそうな出来事を動画がリアルに再現している
  • 演技が上手い
  • 苦しい状況な人・自信を無くしている人を励ましている
KITEN編集部

人生で一度は通りそうな動画は、キテン編集者も実際に体験したことがあるシチュエーションがあり。
もっと早く東京ウーバーズに出会っていれば人生変わっていたのかもと思いました。

東京ウーバーズ“たつみ”/上京した理由

小さい頃から人に注目されることが好きで、常に人とは違う存在でありたかったそうです。

上京して何者かになりたいと子供みたいな理由で東京の大学に進学する為に上京したそうです。

東京ウーバーズ/活動名の由来

東京ウーバーズの活動名の由来についてみていきたいと思います。

たつみさんはサラリーマンを辞めて事業を起こすと意気込みで働いていた会社に辞表を提出。
会社を辞めるも実績や人脈が無く動き出せずにいた。

お金が無くなり、Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達員のバイトを始める。

東京ウーバーズの相方のつじさんUber Eats(ウーバーイーツ)で配達員のバイトをしていたそうです。

2人が同じバイトだった、同じ東京に住んでいることもあり東京Uber Eats(ウーバーイーツ)からウーバーを取り。

活動名「東京ウーバーズ」に決まる。

東京ウーバーズがTikTokを始めた経緯

東京ウーバーズがTikTokを始めた経緯についてみていきたいと思います。

たつみさん2021年の春に「サラリーマンを辞めて自分で事業を起こいたい!」と意気込んで会社を辞める。
ですが、人脈や実績や斬新なアイデアもなく何も動き出せずにいた。

何もしない1日、お金がなくなったらUber Eats(ウーバーイーツ)で配達員をしたりと堕落した生活をおくるようになりました。
そんな生活を続けるうちにだんだんと精神的、金銭的にも厳しくなり毎日生活するだけで精一杯になる。

このままでは社会から完全にドロップアウトしてしまうと考え、もう一度何か始めようと考えを巡らせるが良さげなアイデアは思いつきませんでした。
諦めかけたその時に「自分にはこの“苦しい状況にいる”という個性がある」ことに気づきました。

同じように苦しい状況にいる人が他にもいると考え、SNSで苦しい状況にいる人に向けて情報発信すれば役立つと思い行動を起こす。

同じ状況にいた、東京ウーバーズの相方つじさんに声をかけ活動を始める。

“苦しい状況”“人生のリアル”としてコント風の末路系動画をTikTokで投稿を始めた。

たつみさんが台本を担当。
つじさんが動画編集を担当しています。

東京ウーバーズ/活動目的について

東京ウーバーズのTikTokでの活動目的について調べてみました。

以下の目的があるようです。

  • 「現状を変えたくてもがいている人」
  • 「何をどうすればいいのか分からなくなっている人」
  • 「自分に自信をなくしている人」

僕たちと同じように”苦しい状況”にいる人たちと
つながって、仲間になり
みんなで力を合わせて、それぞれの苦しい状況を打ち破ることです。

コネも人脈も実績も斬新なアイデアもないし、
ひとりひとりの力は小さいかもしれないけれど

このSNS全盛期である今ならば
同じ苦しみを持った人たちが集まったならば

何かを変えられるかもしれない。
いや、変えられるということを証明したい。

僕たちはそう思っています。

東京ウーバーズ note から引用

東京ウーバーズの末路動画をご紹介

TikTok東京ウーバーズの末路動画では人生で誰もが一度は通りそうな動画が多数投稿されています。

実際に体験したことがあるシチュエーションがあるかもしれません。
同じ状況で悩んでいる人の悩みを打破してくれる動画となっています。

TikTokに投稿されている動画を少しご紹介したいと思います。

@tokyoubers

動画の状態になってしまうと抜け出すのにかなりの痛みがともなう… #東京ウーバーズ #あるある #親 #親のすねかじり

♬ オリジナル楽曲 – 東京ウーバーズ – 東京ウーバーズ

編集後記

今回の記事では、TikTokで誰もが人生で1度は通りそうなリアルな動画が人気上昇。
末路系動画TikToker東京ウーバーズ“たつみ”の本名や年齢、出身地などのプロフィールやTikTokを始めた理由についてまとめました。

小さい頃から人に注目されることが好きで、常に人とは違う存在になることを目指していた。
上京して何者かになりたいと子供みたいな理由で東京の大学に進学。

大学を卒業後は、東京の企業に入社し副業などいろいろ挑戦するもどれも失敗に終わる。
サラリーマンを辞めて事業を立ち上げる為に辞表を提出しました。

事業を立ち上げると言ったものの人脈や実績のなく動き出せずにいた。
お金もなくなり堕落した人生を送りました。

人生のどん底を個性と考えてたつみさんは動き出しました。

TikTokで末路系動画TikToker東京ウーバーズとして活動を始め。
同じ苦しい状況の人に向けた動画がバズりました。

東京ウーバーズさんの動画をみて励まされたり、救われた方も多くいるのではないでしょうか?
今後のどういった場面で活躍するのか楽しみです。

KITEN編集部

TikTokフォロワー40万人。インスタ5万人のアカウントを運用中。
インフルエンサーとしての知見を交えた記事で皆様の'気になる’をお届けします。

CONTENTS
閉じる