TikTok耳で聴く美術館(アビ)はハーフ?/本名や出身地などのプロフィールや気になる性別についても徹底解説。人気の理由についても迫ってみた。

今回の記事では、TikTok・YouTubeのSNSでアート作品や美術展の情報を発信している「耳で聴く美術館」Avi(アビ)についての記事になります。

耳で聴く美術館(アビ)の本名や出身地などのプロフィールや性別についても徹底解説していきたいと思います。

それでは、ご覧ください。

CONTENTS

耳で聴く美術館/プロフィールまとめ

職業TikToker、YouTuber、動画クリエイター
本名Avi(アビ)
活動名耳で聴く美術館、Avi(アビ)
誕生日1992年8月上旬
年齢30歳
出身地大阪府
身長・体重未公開
血液型未公開
インスタ耳で聴く美術館
Twitter未開設
TikTok耳で聴く美術館
YouTube耳で聴く美術館

耳で聴く美術館/経歴

STEP
学生時代

中学・高校の詳細については分かりませんでした。

部活については

中学校時代はバドミントン部。

高校時代はハンドボール部に所属。

STEP
大学に進学

2011年兵庫県神戸市にある神戸大学-発達科学部に進学し芸術を学ぶ。

4年間絵画史や美術教育学を学ぶ。

2015年3月に神戸大学を卒業。

STEP
一般企業に就職・退職

神戸大学を卒業後、2015年4月から一般企業に勤める。

就職するもサラリーマンという働き方や環境が合わなくなる。
自分の人生に責任を持つことことが怖くなり、会社にいけなくなる。
いろんな不安に駆られ抑うつ状態になり、退職する。

STEP
クリエイターアカデミーに入る

退職後は、動画クリエイター活動を始める。

TikTokのクリエイターアカデミー1期生に入る。

全国から集まったクリエーターの価値観や発想に心を揺らす。

STEP
TikTok活動を始める

2021年8月にTikTokを開設しアートや芸術について紹介する動画を投稿。

STEP
2022年11月現在

TikTokでは、アートや芸術などを詳しく紹介した動画を投稿しています。

絵画の歴史を知ることもできる動画になっています。

TikTokでのフォロワーは14.6万人、Instagramのフォロワー4.4万人、YouTubeのチャンネル登録者数は11.4万人いるインフルエンサーです。

耳で聴く美術館/人気の理由について

耳で聴く美術館さんの人気の理由についてTikTokフォロワー30万人のKITEN編集部の偏見と知見でバズって人気が出た理由を分析していきたいと思います。

  • 視聴者と同じ目線で物事を考えているところ
  • 心地の良い声
  • 個性的な感性でオシャレ
  • 芸術について学びたくなる
KITEN編集部

声や喋り方を見ると可愛い女性です。
Aviさんの声は落ち着く声をしています。
是非聞いてほしいです。

耳で聴く美術館/性別について

耳で聴く美術館さんの性別は男性なのか女性なのか気になりますよね。

外見はショートカットでボーイッシュな感じで見方によっては男性にも見えます。

耳で聴く美術館さんは女性です。動画を観ると所作や声、体型から判断できました。

KITEN編集部

写真だけを見ると男性にも見えますよね。
ボーイッシュでクールな表情。

耳で聴く美術館/ハーフなの?

耳で聴く美術館さんはハーフなのか気になりますよね!
ハーフなのか調べてみました。

耳で聴く美術館さんの両親に情報は公開されておらず分かりませんでした。

顔立ちが少しハーフぽくも見えますね。

情報が入り次第更新します。

耳で聴く美術館/TikTok活動を始めたきっかけ

耳で聴く美術館さんTikTokでのどのような活動しているのかみていきたいと思います。

耳で聴く美術館さんは、アート作品の紹介や美術展、絵画などをTikTokで紹介しています。
作品を紹介しながら、作品そのものだけではなく展示の裏側や作家のエピソードを膨らませています。

TikTokを始めたきっかけは「TikTokで映画を自分なりに解釈して紹介するアカウントを見たことがTikTokを開設したきっかけ。耳で聴く美術館さんもアートについて調べるのが好きだったので同じようにやってみようと思った」のが始まりです。

TikTokでコンテンツを制作する時は「共感できること」を意識しているそうです。

耳で聴く美術館さんは「アートを紹介する時は、絶対に上から目線で言わないように気をつけているそうです。動画や配信を見ている人たちと同じ視点に立って驚きを共有することで、アートの魅力に興味を持ってもらいたい」と語っていました。

耳で聴く美術館/おススメ動画

耳で聴く美術館さんのTikTokではアート作品の紹介や美術展、絵画などを紹介しています。
ただ紹介するだけではなく、作品そのものだけではなく展示の裏側や作家のエピソードを一緒に紹介しています。

TikTok動画で紹介されていた投稿をいくつかご紹介したいと思います。
それではご覧ください。

編集後記

今回の記事では、TikTok・YouTubeのSNSでアート作品や美術展の情報を発信している「耳で聴く美術館」Avi(アビ)の本名や出身地などのプロフィールや性別などについてまとめていきました。

神戸大学では芸術系の学部に進学し4年間、絵画史や美術教育学を学びました。
就職活動が始まる頃に「現代アートに関わる仕事をしたいと」と考えるようになるが現実の厳しさを知り諦めて一般企業に就職しました。

一般企業に就職するも耳で聴く美術館さんのやりたかったことと生きている状況や環境が違うことに気付く。
自分の人生に責任を持つのが怖かった彼女は、会社に行けなくなり自分の人生について考えだした。

仕事にするなら自分のやりたい事、興味があることを仕事にするべきだと思います。
なぜかと言いますと、自分が興味がある仕事と興味がない仕事をした時の向上心の差が全く違うからです。

興味があると試行錯誤をしたり自分で色んな事を考え実行するなど向上心しか見られません。
一方、興味がないことだと考えて行動することができず、言われたことしかできない人間になってしまうと感じました。

耳で聴く美術館さんは20代前半の人生の選択をミスしましたが現在は、自分のやりたかったことを仕事にしようと自分で考えて実行しTikTokでアート作品や絵画などの情報を発信し多くのフォロワーを集めました。

自分のやりたい事は何なのかもう一度深く考えてから行動してみるのもいいかもしれませんね。

KITEN編集部

TikTokフォロワー40万人。インスタ5万人のアカウントを運用中。
インフルエンサーとしての知見を交えた記事で皆様の'気になる’をお届けします。

CONTENTS
閉じる