努力が続かない&継続できない人へ送る、仕事や人生に活かせる目標設定の5つのコツ。

今回は仕事や人生に活かせる目標設定のコツということで、僕も実際に実践している5つのコツをご紹介します。

よくある話ですが、成功するためにはコツコツ継続的に取り組むことが重要です。

しかし、目標を設定して『よし、やるぞ!』と意気込んだにも関わらず、なかなか努力が続かなかったり継続できなかったり…という場合もあります。

身近な例で言えばダイエットが続かなかったり、大きな話ではプロ野球選手を目指していく中で挫折してしまったり。

たいていの場合は、継続するためのコツを掴むことができていない場合がほとんどですが、今回はそもそもの『目標設定』の時点に焦点を当てていきます。

というのも、継続をする以前に目標を間違えた方向で設定してしまったために、途中で挫折してしまったというケースも多く存在するからです。

叶わない目標に向かってどれだけ努力をしても、それは無駄なものでしかありません。

そこで、今回は目標を設定する上でのコツをご紹介していきますが、このコツを意識して目標設定をするだけで『継続できるかどうか』『達成できるかどうか』というところも大きく変わってきます。

新たな夢を掲げる際や、うまく努力が継続できないというような場合には、そもそもの目標設定の部分からしっかりと考えていきましょう。

CONTENTS

仕事や人生に活かせる目標設定の5つのコツ

目標を設定する上で根本的な勘違いをしてしまうと、どれだけ努力をしても無駄なものとなってしまいます。

だからこそ、仕事や人生において物事がうまく続けられないような場合は、『どうしたら継続できるか』ということを考える以前に、『その目標は適切なものなのか?』というところから考え直してみましょう。

今回ご紹介する5つのコツを考慮して目標設定をしていくだけでも、目標を達成できる可能性も大きく変わってくるので、ぜひとも意識してみてくださいね。

そもそも努力は続かないことを知ろう

これは意外にも意識されていないことで、『努力』というのはそもそも続かないものです。

何か目標を達成しようという際に、『継続さえすれば達成できる』『継続は力なり』ということがよく言われますが、そんなことからか『努力は継続できるものだ』と思い込んでしまいます。

しかし、何一つ苦に思うことなく努力を継続できる人はいませんし、誰もが悩むことなく楽に目標を達成できるわけではありません。

また、そのような思い込みを持ったまま目標に向かって進んでいくと、途中で挫折してしまいかねません。

というのも、いざ『努力が続かない』『継続するのがつらい』というシチュエーションに出くわした際に、『努力は継続できて当たり前だ』というような思い込みがあると、つらい気持ちはさらに増すばかりです。

そして、『努力できない自分なんて…』といったように、継続できない自分を否定するようにもなりかねません。

そうなってしまえば、そこから立ち上がるのはなかなか難しい話ですし、いわゆる負のスパイラルにも陥ってしまいます。

だからこそ、そもそもの前提として『努力は続かないものだ』と割り切ってしまうことが大切なのです。

ですが、だからと言って努力をしなかったら、そもそも目標は達成できませんよね。

最も大切なのは『継続できなくなった時』であり、努力は続かないとわかっているからこそ、継続するための工夫を施していくのです。

『努力は続いて当たり前だ』と思っている人に限って、些細なことがあっただけで『ああ、もう駄目だ』と諦めてしまうものですしね。

ですので、目標を設定する際には『そもそも努力は続かない』ということを知っておきましょう。

そうすることで、もし仮に失敗してしまった際にも、より早くリカバリーし目標達成に向かって再発進することができますし、『どうすれば継続できるか』と継続するための努力を惜しまなくなります。

自分で決めたことだけを目標にしよう

目標を設定する際には、『自分で決めたこと』だけを目標にしましょう。

そうすることで、自分の基準で目標を設定することができますし、より目標達成の可能性も高まります。

しかし、他人に決められたことを目標としてしまうと、目標達成への道は遠ざかるばかりです。

自分で決めたものであれば意志を通そうとするものですが、他人から押し付けられたものであれば、自分の腑に落ちてないこともありますよね。

ただ単に『勉強しなさい』と親に言われた際には、『えー』と思ってしまうものです。

また、他人に決められたことを目標にしてしまうと、いわゆる『逃げ道』も生まれてしまいます。

継続するのがつらくなったり、何かうまくいかないことがあった時に、『他人が決めたことだから』『自分には合わない目標だった』そうして自分以外のものに言い訳をできるようになってしまうのです。

そのようなことではいつまでたっても目標を達成することはできません。

ですので、目標を設定する際には『自分で決めたこと』だけを選んでいきましょう。

目標達成のための習慣は1つずつ身につけよう

目標を達成するためには、そのために必要な『習慣』を身につける必要があります。

ダイエットをする際には『夜はキャベツだけ食べよう』、受験で合格を目指す際には『寝る前は英単語を勉強しよう』といったように、習慣を身につけることで目標達成により近づくことができます。

しかし、ここで大切なのは『習慣は1つずつ身につける』ということ。

あれやこれやと、いくつもの習慣を身につけようとすると、継続するのがつらくなってしまいます。

受験の場合であれば、志望校に合格するために、『寝る前は英単語を勉強する』『ご飯の時間は30分』『テレビは絶対に見ない』というようにいくつもの習慣を身につけようとすると、体も心も壊れてしまいかねません。

どれも目標達成のためには必要なことではありますが、一気にやろうとすると結局どれも中途半端になってしまう…ということもありえます。

ですので、習慣を身につける際には、必ず1つずつこなすようにしましょう。

そして、最初の習慣がしっかり身についたらまた新たな習慣を、といったように習慣づけを段階的に行っていくと、目標達成にも大きく近づくことができます。

自分にできることから1つずつこなしていくということが、努力を継続するためには欠かせないのです。

継続した先にある未来をイメージしよう

目標達成を目指していく中で、意外と陥ってしまいがちなのが『目標を見失ってしまう』ということ。

努力を継続していく中で、『あれ?結局どうなりたいんだ』とわからなくなってしまうことは意外にもよくある話なのです。

そういった際に気をつけたいのが、『継続することを目標にしない』ということ。

目標を見失ってしまって、『継続すること』に気持ちが良くなってしまうと、それは危険な状態です。

あくまで継続するのは目標を達成するためであり、目標を見失った継続ほど無意味なものはありません。

だからこそ、例えば『勉強すると志望校に合格できる』といったことや『ダイエットすれば好きなファッションができる』といったように、『継続した先にある未来』をイメージすることが大切です。

『継続』というのは目標を達成するための、あくまで『手段』に過ぎないので。

また、そうして継続した先の未来をしっかりとイメージすることで、もし挫折してしまったときにも『叶えたい未来のために』と奮起することができます。

さらに、継続した先の未来をイメージして目標を設定すると、それはとても『現実的な目標』となり、より実現できる可能性も高まるのです。

SMARTの法則を活用しよう

これが最も実用的な目標設定のコツですね。

この『SMARTの法則』にしたがって行うと、効率よく目標を設定することができます。

SMARTの法則とは、

  • 具体的に分かりやすい(Specific)
  • 計測が可能、数値化することができる(Measurable)
  • 達成することが可能(Agreed upon)
  • 現実的なものである(Realistic)
  • 期限が明確である(Timely)

この5つを意味します。

無駄な努力をしないために、そしてより効率よく目標を設定していくためにも、ぜひともこのSMARTの法則を意識してみましょう。

最後に

以上、目標を設定する際に必要な5つのコツをご紹介しました。

  • そもそも努力は続かないことを知る
  • 自分で決めたことだけを目標にする
  • 目標達成のための習慣は1つずつ身につける
  • 継続した先にある未来をイメージする
  • SMARTの法則を活用する

これら5つの要素を意識して目標を設定することで、より理想の未来へと近づいていくことができます。

また、もし努力が継続できなくなってしまった際にも、これらの要素を意識しているだけで、より早くリカバリーし立ち直ることができます。

自分の目標を見失わないためにも、そして何より自分らしい人生を生きていくためにも、5つのコツをしっかりと忘れずに目標に向かって突き進んでいきましょう。

CONTENTS
閉じる