“花束騒動で大炎上”ごぼうの党・奥野代表の正体は?花束を投げた真相について調査。

今回の記事は、2022年9月25日に行われた格闘技イベント「超RIZIN」でプロボクシング元5階級制覇王者のブロイド・メイウェザー選手と総合格闘家の朝倉未来選手の試合前に行われた花束贈呈の際に起こった花束投げつけ騒動についてです。

ブロイド・メイウェザーに花束を贈呈したのは、政治団体「ごぼうの党」代表の奥野卓志(おくの たかし)さんです。
メイウェザー選手に花束を渡し試合開始と思われましたが、神聖な領域でもあるリングで花束を投げ捨てるという非礼な行為が行われた。

その後メイウェザーは何事もなかったかのように花束をボクシンググローブで拾いあげた、非礼な行為に視聴者や著名人など多くの方が「胸糞悪い」「同じ日本人として恥ずかしい」「メイウェザーに謝罪したい」などの批判や謝罪の声が殺到しました。

CONTENTS

奥田卓志ってどんな人?

メイウェザー選手に花束を投げつけた「ごぼうの党」党首の奥田卓志について調べてみました。

引用元 ごぼうの党 公式Instagram
本名奥野 卓志(おくの たかし)
誕生日1974年4月8日
年齢48歳(2022年9月現在)
身長180~190cm
血液型非公開
出身地高知県 
職業経営者(社長)、ごぼうの党(党首)

政党「ごぼうの党」の党首

ごぼうの党は党首アバターnayuta(ナユタ)が2022年6月に立ち上がった政治団体。
nayutaは脳に難病がある実在する男性がモデルで、応援の意味を込めて起用したそうです。

2022年7月に実施された第26回参議院議員通常選挙にて、党首の奥野卓志さんを筆頭に比例区に11人の立候補を擁立したが、全員が落選に終わる。

選挙期間中は「ごぼうチャレンジ」というおもしろ動画や写真やメッセージをInstagramやTwitterで投稿して2人以上の友達にバントを渡すというチャレンジが行われました。
このチャレンジには人気YoutuberヒカルGACKT元雨上がり決死隊の宮迫博之などの多くの著名人も参加しごぼうの党の支持者であるとの報道されました。

街頭演説では代表の奥野卓志が、人気漫画「鬼滅の刃」の登場人物・鱗滝左近次を想起される格好で登場。
若者の政治参画を促すために立候補し「この選挙を祭りとして楽しめるような運動にしていく」と抱負を述べました。


街頭演説ゲストとして元K-1 で活躍したボブ・サップピーター・アーツ、実業家の青木 開、格闘家の久保 優太などの有名人が登場。また80人前後の「ごぼうダンサーズ」がダンスパフォーマンスをし演説風景を写真や動画でSNSに拡散してもらおうという戦略を展開した。

会社経営者で社長

奥野卓志さんは2022年現在、14社以上の会社を経営する敏腕社長でもあります。

20代の頃に起業し「東洋ライフサービス株式会社」を設立。

その後、東京都銀座に会員制の高級クラブ「銀座一徳」のオーナーを務める。

内装には高級感溢れる和の空間みたいで、内装費用はなんと…3億円!!
お店のコンセプトは「日本の伝統や技術を継承し、守る。」だそうです。

芸能人や著名人などが利用する高級クラブです。

花束を投げつけた理由について

ごぼうの党奥野卓志代表がメイウェザー選手になぜ花束を投げつける非礼な行為を行ったのでしょう?

理由について憶測ではありますがこういった4つの理由があると思われます。

①無礼な行為が続いた故の仕返し

奥野卓志は2022年6月に立ち上げた政党「ごぼうの党」の党首を務めている。

今回の超RIZINでメイウェザー選手と戦った朝倉未来選手は、ごぼうの党の公式スポーツアドバイザーを務めています。

奥野卓志さんと朝倉未来選手は、ごぼうの党を通じて親密になったと思われます。
親密な朝倉未来選手に対してメイウェザー選手の侮辱な態度が許せず、花束を投げ捨てたかもしれないですね。

②売名行為

2022年7月に実施された第26回参議院議員通常選挙に出馬するもごぼうの党は惨敗に終わりました。
2022年6月に立ち上がったばかりの政党でしたので一般人への知名度は低かったと思われます。

選挙期間中は、知名度を上げる為に「ごぼうチャレンジ」といわれるInstagramやTwitterで面白動画や写真やメッセージを投稿して2人以上の友達にバントを渡すというチャレンジが行われました。
このチャレンジには数々の著名人も参加していました。

今回のメイウェザー選手への花束投げつけ騒動では、日本はもちろん世界中継されていた試合だったので多くの批判が殺到しました。

批判が殺到し炎上することでごぼうの党や奥野卓志を認知してもらう目的があったかもしれないですね。

③RIZIN社長 榊原氏を辞任させるため

奥野卓志さんがメイウェザー選手に花束を投げ捨てた騒動を受けてRIZIN実行委員長である榊原 信行(さかきばら のぶゆき)氏がリングに上がり、深々と頭を下げて謝罪をしました。

「情けない恥ずかしいことをした人間がいます。リングの中は神聖な場所。リングに上げたことうをお詫びしたいと思います。この場を借りて謝罪します」

Yahoo!ニュースより

この花束騒動に対して、日本中、世界中からも批判の声クレームが殺到する。

RIZINの実行委員長として奥野卓志さんをリングに上げた榊原氏は、何らかの責任を取らざるを得ない状況になりつつあります。

奥野卓志さんと榊原氏との間に個人的な恨みがあったという情報は現時点ではあがっていません。

④RIZINとの計画的犯行

今回起こった花束騒動は、RIZINと奥野卓志さんとの間で事前に仕組まれていた可能性があるということです。

奥野卓志さんが花束を投げ捨てた直後に、周囲のスタッフが花束を拾おうとする様子がなかったからです。

メイウェザー選手は動揺した様子を見せずに両手で花束を拾い上げる姿には称賛の声が世界中から集まっています。

予想外の出来事に近くにいたスタッフが動けなかったのかもしれないですし、RIZIN実行委員長の榊原氏は謝罪会見も開いているためデマの可能性の方があると思われます。

奥野卓志はなぜ花束プレゼンターだったのか?

試合前の花束プレゼンターはどのようにして決まったのかを調べてみました。

なぜ奥野卓志は花束プレゼンターとしてリングに立つことになったのでしょう?

オークションの特典

花束プレゼンターは大会前に行われた超RIZIN NFT DIGITAL TICKET」オークションで最高額となる420万円で落札した際の特典なんだとか!!

超RIZIN NFT DIGITAL TICKET」とは、たったの4枚だけ販売されるチケットで、アリーナの最前列で試合観戦ができるプレミアチケット。ド迫力の戦いが目の前で見れそうですね!

この「超RIZIN NFT DIGITAL TICKET」を奥野卓志はオークション最高額の420万円で落札し特典として花束プレゼンターの資格を得ました。

RIZINによる人選ではなかった

超RIZIN NFT DIGITAL TICKET」オークションで落札最高額420万円で特典として選出される機械的な決定の仕方だ。

RIZINが選出したわけではないが、選出方法の細かい配慮が足りなかったことは榊原氏が謝罪会見で事実と認めています。

まさか奥野卓志が花束を投げ捨てるとは誰も予測していなかったと思います。

朝倉未来選手とメイウェザー選手の試合をぶち壊したと言ってもいい今回の騒動は、世界各国に日本の悪いイメージを与えてしまう行為だったと思います。二度とこのようなことが起こらないように人選方法を変える必要がありそうですね。

最後に

今回の記事では、格闘技イベント「超RIZIN」でプロボクシング元5階級制覇王者のブロイド・メイウェザー選手と総合格闘家の朝倉未来選手の試合前に行われた花束贈呈の際に起こった花束投げつけ騒動と花束を投げつけた理由についてみていきました。

世界中で注目されていた試合でまさか試合前に花束が投げ捨てられるとは誰も予想だにしていなかったことでしょう。
メイウェザー選手が花束を拾い上げていなければ今以上に批判が殺到していたかもしれません。
花束を拾ったことでメイウェザー選手の株はさらに上昇しましたね。

どんな理由があろうとも神聖な領域でもあるリングで花束を投げつける行為は間違いだと感じました。

花束を投げ捨てた理由について詳しい事が分かればすぐに更新したいと思います。

KITEN編集部

TikTokフォロワー40万人。インスタ5万人のアカウントを運用中。
インフルエンサーとしての知見を交えた記事で皆様の'気になる’をお届けします。

CONTENTS
閉じる